セカンドオピニオン制度

セカンド・オピニオン制度とは、一言で言うと、主治医以外の医師の意見のことです。

この制度は、もともとアメリカなどで癌など大きな治療を受ける場合、治療方法の選択や、どの病院のどの先生に治療を受けるべきかなどの選択に迷ったときに、複数の専門家の意見を聞くことにより、最後に患者さんが納得して自由に治療方法や医師を選択決定できるように考え出された制度です。

患者さんは総じて専門的な知識に乏しいことが多く、医師から示される治療方法等に対して、良く判らないとか、どういう選択をしたら良いか迷っていたり困ってしまう事が発生します。 こうした中で、患者が誰でも最も適切な治療が公平に受けられる様にこの制度が生まれ、主治医以外の医者の意見を聞けるようになりました。

この運動によって、医療に関する情報公開が進み、不適切な治療は排除され、優れた治療体制は更に進歩と普及が進んで、社会全体の医療の質の向上にも寄与して大きな満足と強い信頼関係が築かれるといわれています。 またそれに伴って、適切なカウンセリングなどの必要性もとても高まっています。

セカンド・オピニオン、そしてインフォームド・コンセント(十分な説明と理解)で、疑問点や不安は事前に取り除きましょう。