歯科医院を慎重に選ぶ理由

歯科医療は一人一人の歯科医師によって、たとえ同じ材料や道具を使ったとしても、正確にいうと、治療内容や結果は微妙に違います。

では、患者側の立場から、どのような歯科医院を選べば良いのでしょうか?

清潔かどうか?

診察室のみならず、待合室も含めた院内全体が「清潔」になっていますか?
医療機関ですから、清潔で無い医院は色々と問題の多いものです。特に歯科インプラントは外科治療(手術)を行う歯科治療です。不清潔な医院では感染症等の心配もあります。

インフォームドコンセント

歯科インプラントイメージ外科手術を伴い、費用も保険適用外であることから、比較的高額な治療費を要します。そういった歯科治療を受けるのに際して、医師からの説明が不足していたり、質問に適切に答えてくれないようでは、不安になりますよね。

当然、先生の中にも無口な先生やおしゃべり好きの先生など性格も様々です。

先生が説明してくれないからいいや、ということでなく、疑問な点、納得のいかないことは、遠慮なく質問することがとても大切です。質問やそれに対する答えをいただく中で、お互いの信頼関係が生まれてくるものです。

ご自分で選択された方針と、考えが合う歯科医師かどうかを話し合いで確認されれば良いでしょう。

受付や歯科衛生士の応対

受付の応対や、歯科衛生士さんの応対はどうでしょうか?
歯科治療を受けるに際して、何らかの不安(痛み・費用)を抱えているのが普通の患者さんではないでしょうか?受付で素っ気ない対応をされる医院では、当然そういった教育も出来ていませんし、あまりお勧めできません。

また、歯科衛生士さんのブラッシングの指導等も1つの見方としてあります。それは、治療後の日常のブラッシング次第では、インプラントの寿命が縮まってしまいます。そういった意味からも、ブラッシング等の指導が雑だったり、やらないような医院は、やはり避けた方が良いでしょう。

ドクターの技術力

歯科インプラントは、保険対象外であるため、現状では大学で教えておりません。したがって、ドクターは自ら講習を受けたり、症例を重ねることで技術をあげています。 ドクターの技術力が大きく影響しますので、慎重に選ぶ必要があります。

ただ、患者側からは、ドクターの技術力がどういったものか判断が難しい部分がありますが、認定医・指導医といった学会の制度を参考にするのも良いのではないでしょうか?

※認定医・指導医については「日本口腔インプラント学会の認定医制度」をご覧ください。