ディストラクション

ディストラクション(歯槽骨延長法)とは、歯槽骨が吸収され、インプラントを挿入するために必要な高さが不足する場合に行われる吸収された歯槽骨の高さをそろえるための方法です。

垂直方向へ可動するインプラント体を歯槽骨内に 挿入し、毎日骨を0.5~1mmずつ徐々に全長を延ばしていき、必要な高さまで 歯槽骨を移動させます。また、歯槽骨の他にも骨膜、粘膜などすべての組織が延長されます。