ボーンクラフト

ボーングラフト(骨移植)は、歯槽骨が吸収され薄くなっている場合でインプラントが埋入出来ない場合などに用いる歯科治療法です。「移植」というと躊躇してしまう面もありますが、インプラント歯科治療における骨移植は、それほど大がかりなものではなく、移植する骨も本人の歯槽骨等から行う場合が多く、大げさにとらえる必要はありません。

(治療手順)

1.歯槽骨が吸収した部分に移植骨のブロックを移植し、周囲の隙間に細かく粉砕した移植骨または骨補填材を詰めます。
2.移植骨ブロックは、動かないようスクリュー(インプラント体と同じ生体材料であるチタンが主流)で固定します。なお、このスクリューは、移植骨と歯槽骨が同化した段階で除去します。
3.移植した骨が歯槽骨と同化し、十分な高さ・幅が増生されたらインプラント治療に取りかかります。