スプリットクレスト

スプリットクレスト(歯槽骨増大法)は、骨の高さには問題はないが、歯槽骨が吸収を起こし、インプラントを入れるための骨幅が不足している場合に 行う治療方法です。スプリットクレストに適応なのは、3mm 程度の骨幅があることと、海綿骨が残っていることです。

(治療手順)

1.骨の頂上部にクサビのような特殊器具を入れ 骨を二分割して骨を若木骨折させ、楔(くさび)効果によって骨を横に押し広げます
2.骨を広げてスペースを作ります
3.インプラントを挿入します
4.骨造成材を入れます
5.歯槽骨の造成を促進させインプラントを固定させます。