ソケットリフト

ソケット・リフトは、サイナス・リフトと同様に上顎に適用される造骨法です。

上顎に歯科インプラントを行う場合、問題となってくるのが上顎洞(左右の鼻の奥に広がる大きな穴)で、この形は人により千差万別で、大きい人もいれば、小さい人もいます。骨の量が十分ある場合は問題ないのですが、骨があまりない場合は、上顎洞の粘膜の下に、骨になる材料(自家骨等)を置き、固まるのを待たないといけません。

ソケット・リフトは、サイナス・リフトと違い、上顎洞を露出させることなく歯槽骨を破折させるとともに、上顎洞粘膜(シュナイダー膜)の弾力を利用して行います。