GBR法

GBR(Guided Bone Regeneration=骨再生誘導療法)とは、インプラントを埋入するのに十分な骨の厚み・幅がない場合(歯槽骨以外の歯周組織も不足している場合)に行う治療方法です。

具体的には、骨幅を適切な状態にするため歯槽骨の周りにGTAMという特殊な布(登山用のレインウェアや人工血管などに用いられるゴアッテクスと同じもので、非常に優れた防水・透湿性を持つ素材)を巻き、骨を再生し歯槽骨を太くするテクニックです。

GBRで再生された骨は、元の骨と同じものと考えられており、歯槽骨の幅を広くする場合だけでなく、歯槽骨が低い場合や骨に欠損がある場合にも応用可能です。また、抜歯した後にインプラントを埋入する場合にも、GBRは適用できます。この場合、抜歯してできた穴にインプラントを入れるのですが、通常は穴の方が大きすぎてしまうため、インプラントを埋入した後、GTAMで覆って穴をふさぎます。一度切開した歯肉は縫合し、半年ほどの時間を経てから再び切開すると、穴とインプラントとの隙間には骨が再生されます。