インプラント用語集(2回法)

2回法は1回法と違い、インプラントが歯肉に完全に覆われている状態ですので、1次手術後に頭出しのための歯肉の切開(手術)が必要となります。その分、患者さんにとっての負担が大きくなりますが、2回目の手術は軽微であり、また、インテグレーション(骨とフィクスチャーの結合)が阻害される可能性が低く、骨とより強固に結合するため、1回法よりも2回法の方が成功率が高い、といえます。 なお、通院回数は、最短で5・6回程度になります。

1つ前に戻る