インプラント用語集(サイナスリフト)

上顎の骨のすぐ上には、上顎洞(サイナス)という穴があります。この上顎洞があるため、上顎の骨は下額と違ってかなり薄いのが特徴です。そのため、上顎にインプラントを挿入するには、下顎よりも骨が薄いため制限を受けやすく、下顎の手術を行うときよりも上顎の手術の方が難しいといわれている1つの要因になっています。  人によっては、上顎の骨に十分な厚さがないために、上顎の臼歯部にインプラントを埋入しようとすると、骨の先端(骨頂部)から、上顎洞下壁までが解剖学的にインプラントを埋め込むことができるところですが、この部分が足りず、噛む力に耐えうる深さにインプラントを埋入することが出来ない場合があります。この場合、骨の量を増やしてから、インプラントを埋入する必要があります。

1つ前に戻る