インプラント手術前日までの注意点

【体調管理】
インプラント埋入手術は「抜歯程度」とはいえ外科手術ですから、発熱を伴うような風邪をひいてしまっては手術の延期が余儀なくされてしまいます。手術日を体調万全で迎えるため体調を万全に整えておきましょう。

インプラント手術前日の注意点

【睡眠時間の確保】
手術の前日になると、痛みや失敗に対する不安や、インプラントに対する期待等が入り交じり、寝不足になりがちになってしまいます。しかしながら、万全の体調で手術に望むためにも夜更かしを避け、睡眠を十分にとるようにしてください。体調が万全で無いと、手術後の治癒期間が長引いたり、影響が出る場合もあります。 「手術」に対しての恐怖心の強い方は、「手術」という言葉の重みがどうしてもあるかと思いますが、親不知の抜歯と同じ、と考えるなど、特別なものと考えすぎない事も必要です。

【食事等】
・傷口をできるだけ早く回復させるため、喫煙や飲酒は控えましょう。
・お食事は普段どおりで大丈夫です。

インプラント手術当日の注意点

【食事・ハブラシ】
食事は、普通にとっていただいて構いません(ただし、静脈内鎮静法を行う方は、手術の6時間前から飲食を控えるように指導されます)。その後のハブラシは、特に念入りに行う必要があります。

【薬】
医師から手術前に服用するように言われている薬があれば、忘れず服用してください。 逆に、糖尿病や向精神薬、非ステロイド系抗炎症剤等の薬の中には、術前に投薬を中止しなければならないものもあります。日常的に服用している薬があるようでしたら、事前に主治医の先生に相談しておいた方が良いでしょう。

【服装・化粧】
手術は外科手術ですので、手術用エプロンなどで守られはしますが、場合によっては、血が飛んで服が汚れる恐れがあります。出来るだけ汚れても良い服装で手術をした方が良いでしょう。また、女性の方の場合、手術前に顔面消毒をする場合があるため、薄化粧で医院に行ってください。

【その他】
手術日前後の飲酒や喫煙は控えましょう。

インプラント手術後の注意点

  1. 傷口がふさがるまでは、飲酒を控え、食事も食べたものが直接治療部に当たらないよう、やわらかいものを頂いてください。(1回法の場合は特に注意してください)
  2. 医師から処方された抗生物質を必ず服用し、ゆっくり休みをとってください。
  3. 治療を行った部位は、主治医の指示がでるまで歯ブラシを当てないようにご注意ください。他の歯は普段どおりに歯磨きを行うことができます。
  4. 主治医の指示に従い、定期的にチェックすることが重要です。
  5. 何か不安を感じたときは、早めに主治医に相談しましょう。