ITIインプラントとは

ITIインプラントシステムの基本原理は、1970年代の初めにスイスのベルン大学とStrauman(ストローマン)研究所で考案され、International Team for oral Implantology(生体工学、物理学、化学、外科、歯科等の専門メンバーによって構成された口腔内インプラント学の国際的研究チーム:略してITI)の協力によって、20年以上に渡る臨床実績に裏付けられたシングルステージインプラントシステムです。
ITIインプラントシステムは、前歯部から臼歯部まであらゆるケースに適用でき、しかもそれぞれの基本術式は同一です。その後、2004年度アメリカ歯科医師会推薦を受ける僅か4つのインプラントのうちの1つに正式認証されました。
ブローネマルク法が顎骨がしっかりとした欧米人を対象として開発された治療法である為、インプラント体の大きさが他社に比べると比較的大きく日本人向けでないのに対して、ITIインプラントシステムはインプラント自体のサイズが小さく、日本人をはじめとしたアジア人向けになっており、日本でも広く普及し多くの患者がその恩恵を受けています。