1.カウンセリング

歯科インプラントとは何か?、歯科インプラント以外の治療法(入れ歯やブリッジ)との比較の説明、簡単な治療の手順をお話しします。手術に対する恐怖等、不安な面があるようでしたら、主治医の先生にご相談ください。

2.検査

問診(全身の既往歴等)、触診、レントゲン撮影(場合によっては精密検査としてX線CTを撮影)、検査用の歯型を取る、骨量検査等をし、歯科インプラントが可能かどうかの判断をします。必要であれば、お口の衛生状態を整えるために全般的な歯科治療を行います。

3.治療計画の立案

検査の結果によって、歯周病や骨量に問題がある場合等を含めて、治療順序や費用等についての治療計画や費用の見積もりが主治医から提示されます。 不明な点があったら納得がいくまで聞きましょう。

4.1次手術(インプラント埋入)

歯が抜けた状態

歯が抜けた状態

   

メスを使わず、専用の歯肉パンチを用いて軟組織をパンチングし、インプラントを埋め込む準備をします。その後、専用のドリルでインプラント(フィクスチャー)と同じ長さ・太さのインプラントを埋入する為の穴をあけます。

   

顎の骨に歯の根に相当するインプラントの部品(フィクスチャー)を埋め込みます。

   

5.インプラントと骨との結合

1次手術後、インプラントが歯肉で覆われ、骨とインプラントがしっかり結合される(オッセオインテグレーション)まで(上顎で約6ヶ月、下顎で約3ヶ月)待ちます。
※この治癒期間は個人差(骨の質など)により差があります。
※この治癒期間中は仮歯を入れることも出来ます。

6.人工の歯の作成

インプラントを含めたお口の中の型をとります。この型を基に、人工の歯を作成します。

7.人工の歯の装着

アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。 かみ合わせの調節を行いながら最終的な人工歯(上部構造)を取り付けます。

8.メンテナンス

インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。

詳しくは「インプラント治療後のメンテナンスの重要性について」をご覧ください。