1.カウンセリング

インプラントとは何か?、インプラント以外の治療法(入れ歯やブリッジ)との比較の説明、簡単な治療の手順をお話しします。手術に対する恐怖等、不安な面があるようでしたら、主治医の先生にご相談ください。

2.検査

問診(全身の既往歴等)、触診、レントゲン撮影、CTを撮影、血液検査、検査用の歯型を取る、骨量検査等をし、歯科インプラントが可能かどうかの判断をします。必要であれば、お口の衛生状態を整えるために全般的な歯科治療を行います。

3.治療計画の立案

検査の結果によって、歯周病や骨量に問題がある場合等を含めて、治療順序や費用等についての治療計画や費用の見積もりが主治医から提示されます。 不明な点があったら納得がいくまで聞きましょう。

4.1次手術(インプラント埋入)

歯が抜けた状態

歯が抜けた状態

   

局所麻酔の後歯肉を切開し、歯槽骨(顎の骨)を露出させます。

 
   

専用のドリルでインプラント(フィクスチャー)と同じ長さ・太さのインプラントを埋入する為の穴をあけます。

   

顎の骨に歯の根に相当するインプラントの部品(フィクスチャー)を埋め込みます。

   

開いた歯肉を閉じて縫い合わせます。手術は局所麻酔を用いて行ないますので、安心して手術を受けることができます。手術時間は、埋入する本数や選ぶインプラントにもよりますが、麻酔からお帰りになるまで、本数が少なく埋入に時間のかからないタイプで約30分、本数が多く埋入に時間のかかるタイプ(例:4本のインプラントを埋入する場合)では、2時間位の時間がかかります。
なお、傷口を縫った場合は、1週間程度したら糸抜きをしまっす。また、縫ってない場合も、消毒と経過観察のために通院します。

5.インプラントと骨との結合

1次手術後、インプラントが歯肉で覆われ、骨とインプラントがしっかり結合される(オッセオインテグレーション)まで(上顎で約6ヶ月、下顎で約3ヶ月)待ちます。
※この治癒期間は個人差(骨の質など)により差があります。
※この治癒期間中は仮歯を入れることも出来ます。

6.二次手術

骨とインプラントがしっかり結合されたら、人工の歯の支台となるインプラントの部品(=アバットメント)をフィクスチャーに連結する簡単な手術を行います。

   

頭出し後、アバットメントを装着。

個人差がありますが、1~6週間で歯肉が治癒されます。

7.人工の歯の作成

インプラントを含めたお口の中の型をとります。この型を基に、人工の歯を作成します。

8.人工の歯の装着

アバットメントの上に人工歯を装着して完成です。 かみ合わせの調節を行いながら最終的な人工歯(上部構造)を取り付けます。

   

   
インプラント動画案内
FlashMovie

ここまでのインプラント治療の流れを動画で説明すると左のようになります。

9.メンテナンス

歯科インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには、適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。

詳しくは「インプラント治療後のメンテナンスの重要性について」をご覧ください。