ブローネマルク治療法とは

近代では、半世紀くらい前から、主に骨膜下法やブレードタイプインプラントを使った歯科インプラントが盛んに試みられました。
その後、1952年にスウェーデンのルント大学の医師ペル・イングヴァール・ブローネマルク博士(Professor Per-Ingver Branemark,M.D.,Ph.D)の研究チームは微少循環(血液の流れ)に関する基礎研究を行っていました。治療の経過を観察するため、動物の体内にチタン片を埋め込んだところ、研究の終了後、このチタンが取り出せなくなっていました。こうして、チタンと骨が完全に結合することを偶然動物実験にて発見したことから生まれたものがブローネマルク治療法です。

博士は、このことが人体に応用できないかと研究してきました。その結果、人体に拒否反応を起こすことなく骨とチタンが3~6ヶ月で半永久的に結合するという結論を得ました。この現象を「オッセオインテグレーション(osseo(骨との)、integration(結合)という意味)」と名付けたのです。

博士はその後13年間、慎重を期した綿密な基礎実験と動物実験を重ね、チタンがある一定の条件で骨に埋入された場合、チタンに対する骨の拒否反応は全くといってよいほど起こらず、そればかりかチタンの表面を覆う酸素の膜を通して強い結合が生まれ安全性を確信しました。
そして1965年にスウェーデンでヨスタ・ラーセン氏に対して、初めて人工歯根としての臨床応用をスタートしました。

その後、チタンは強度、耐腐食性、加工性のそのいずれもが非常に優れた金属であることから、欧米先進国が積極的にこの歯科インプラント治療を取り入れるようになり、以来今日まで、ブローネマルクインプラントは最も信頼性の高い歯科インプラントとして、最も長く、そして最も多く世界中で百万人以上に使用されております。
なお、日本でのオッセオインテグレーテッド・インプラントの歴史も20年ほどとなっております。