1.診査・診断

ALL-ON-4インプラントは、1DayTreatment(1日治療)ですが、初診来院時に全てが完了する、というわけでは通常ありません。実際のインプラント埋入手術前に安全・確実な手術を行うために、レントゲンやCTなどによって診査・診断し、埋入するインプラントの本数等を決定します。

2.カウンセリング

ALL-ON-4インプラント、およびその他の治療方法との比較等について、担当医師からの説明を受けます。

3.インプラント埋入手術

手術にかかる所要時間は、症状によりますが、上顎・下顎それぞれ1時間程度となります。
他のインプラント埋入手術と同様に局所麻酔を行いますので、痛みはありません。また、抜歯が必要な場合は、先に抜歯を行います。(下記は下顎を例にして説明しています)

歯肉を切開し、正中線(前歯の間の線)に深さ10mmまでドリルで穴を開け、この後埋入するインプラントのガイドの役目および舌の保護の役目を果たすALL-ON-4ガイドというものを埋入します。

まず臼歯部のインプラントを埋入します。オトガイ孔・下歯槽神経に注意しながら最大45度に傾斜させインプラントを埋入します。

次に前歯部の2本のインプラントを埋入します。

歯肉を縫合します。

4.歯型の採取

最終的な歯を作るための型取りをします。

5.アバットメント・歯の装着

歯との連結部分であるアバットメントの装着、そして仮歯または固定式ブリッジの装着を行います。

6.抜糸

手術当日から通常生活が可能ですが、手術後1週間~2週間後に、抜糸を行う必要があります。

7.最終的な歯の装着

手術直後から通常の食事が可能ですが、約6ヶ月間インプラントが骨に安定するまでお待ちいただきます。この間は手術当日に装着した歯をお使いいただきます。
十分、オッセオインテグレーションが確認された後、
完成後、お客様に装着し、全ての治療が終了いたします。