歯科インプラントに関するFAQ

インプラントはどのくらいもちますか?
既に数10年使用されていらっしゃる方もいらっしゃいます。インプラントの耐用期間は、大きくわけて次の2つに起因します。
1つめは「残存する歯の本数・歯にかかる負担の度合・かみ合わせ」、もう1つは「お口の中の衛生管理・定期的な点検」です。
前者については、残存している歯の寿命等でインプラントに過大な負担が生じることから寿命が短くなります。残存している歯のお手入れや、もし、抜けてしまった場合に再度インプラント治療をする等の処置が必要になります。
後者の方は、お口の中の衛生状態が悪かったり、適切な点検を行わないと、寿命が短くなる場合もあります。担当医師や歯科衛生士の指導に従って正しいブラッシングを行い、常にお口の中の衛生状態を良好に保つことが大切です。歯科インプラントは、半永久的に長い期間使用出来るものですが、そのためには定期的なメンテナンスが必ず必要となります。
(→インプラント歯科治療後のメンテナンスの重要性について)
1つ前に戻る