インプラント歯科治療後のメンテナンスの重要性について

歯科インプラントは、天然歯のように虫歯になることはありませんが、周囲の歯肉が歯周病になってしまうと長期的な安定は得られません。治療の終了後、インプラントを長持ちさせるには、適切なホームケア(普段のお手入れ)と、定期検診が大切です。
適切なケアをすることによって、半永久的に長持ちする可能性があります。
折角、費用と時間をかけて手に入れた「歯」です。適切に管理しましょう。

インプラント治療後の普段のお手入れについて

歯科インプラントイメージインプラントは、通常、固定式なので、入れ歯のように取り外して清掃をする必要はありません。しかしながら、天然の歯に比べて歯根が細く、歯周ポケットもやや大きいので汚れもたまりやすくなっており、ブラッシングは念入りに行う必要があります。また、市販のデンタルフロスや歯間ブラシなどを併用しプラークコントロールに心がければほぼ問題ないでしょう。

このように、歯周ポケットを清潔にすることが非常に大切になります。もし、清潔に保たれていない場合、インプラント周囲炎を起こすことがあります。これは、歯周病(歯槽膿漏)に似た症状で、進行すると歯槽骨が吸収されていきます。歯周病と同様に痛みや腫れなどの自覚症状を伴わないので、定期検診により早期発見をすることが大切です。

毎日ブラッシングしているつもりでも、自己流のブラッシングでは きちんと磨けていない部分があります。歯科衛生士さんからブラッシング指導を受け、正しいブラッシング法を身につけましょう。特に、元々の天然歯の喪失理由が、歯周病や虫歯による場合、普段のお手入れが不十分だったり、ブラッシングしていても磨けていない部分があります。自己流のケアではなく、正しいブラッシング方法と食後のブラッシングの習慣を身につけることが大切です。

インプラント治療後の定期検診について

歯科インプラントイメージインプラントには神経が通っていないので、何か異常が合っても自覚症状があらわれにくく、気づいたときには既に手遅れになってしまうことがあります。

そのため、定期検診を行い、お口の中全体をチェックしてもらい、もし何かが起こっても、早期発見・早期処置により、長く持たせることが出来るようになります。

定期検診では、お口の中全体のチェックの他、フロスや薬剤を使った専門的な清掃を行います。また、磨けていない部分のブラッシング法の指導や、かみ合わせのチェックを行います。
咬み合わせのチェックは、天然の歯がわずかに移動する性質がありますが、インプラントは骨と直接結合するので動きません。加齢などによって咬み合わせが変化したときに、インプラントに負担がかからないよう定期検診でかみ合わせの修正を行います。

虫歯や歯周病への原因除去療法

歯科インプラント治療が完了した後、治療をした部分だけをメンテナンスすれば良いのでしょうか?

答えは当然Noです。

残った健康な歯を不適切なメンテナンスによって、その歯が後から失われていったら、同じことの繰りかえしになってしまいます。また、隣接歯の状態によっては、インプラントに影響が出る場合もあります。
無い部分はインプラントで取り戻すと同時に、残った歯には今から積極的に残す努力をしなければなりません。