インプラント歯科治療は手術の必要があること

歯科インプラントイメージこの歯科治療法の最大の欠点は、なんといっても、インプラントを顎の骨に埋入すめために手術をしなければならない事ではないでしょうか? 「手術がある」ということで、治療を考えていても尻込みをされる方もいらっしゃるのでは?と思います。
「入れ歯」や「ブリッジ」では歯を扱うだけですが、歯科インプラントは手術をするため、顎の歯肉ばかりか骨にも手をつけなければなりません。すると今迄は何の問題も無かった神経や血管などに障害を起す危険が生れてきますし、歯肉を開いて骨を削れば、腫れや出血、果ては全身にまで細菌等が感染して重篤な合併症が出てしまう危険性も無いとはいいきれません。
(→痛みと手術について)
また、歯の上部組織(見える部分)だけではなく、歯根から作れるので、自由度が高くなります。したがって、治療が複雑になるため、術者側である歯科医師の技量も要求されます。

ガイドデントインプラントは歯肉を切開しません。

インプラント歯科治療の治療期間

歯科インプラントは、「入れ歯」や「ブリッジ」といった他の方法よりも、治療期間が多くかかるという欠点もあります。
インプラントと顎の骨が結合するまで、早くても6週間待つ必要があります。また、顎の骨の状態によっては、埋入手術の前に3ヶ月程度の期間が必要になるケースもあります。

一方、最短のケースで、「入れ歯」で一週間前後、「ブリッジ」で10日前後ですので、治療期間の差は明確です。

インプラント歯科治療の費用

保険の対象外で自費診療となるため、治療費も他の方法比べて安くはありません。
しかしながら、保険のきく「入れ歯」や「ブリッジ」では見た目等に問題があるため、保険のきかない「入れ歯」や「ブリッジ」を選択した時と比較すると大きな差はありません。
(→治療費の医療費控除について)