インプラント歯科治療に適した人

歯科インプラントイメージ歯が抜けてしまった場合、「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」といった歯科治療方法があります。これらの歯科治療法の中から「インプラント」を選択した方が良い、と思われる方はどういった方々でしょうか?

(1) 両隣の健康な歯を削ることに抵抗のある方

ブリッジ歯科治療をする場合、ブリッジの土台にするために虫歯がなくても両隣の歯を削る必要があります。場合によっては、削るだけでなく神経を抜かなくてはならなくなります。神経を抜いた歯は健康な歯よりもろいので、ブリッジを長く使っているうちに歯根が割れてしまうことがあります。歯科インプラントなら、隣の歯を傷つけることなく欠損した歯だけを治療することができます。

(2) ブリッジが出来ない場合

一番奥の歯を失った場合、ブリッジは、両隣に支えとなる歯がないと治療ができないため、部分入れ歯かインプラントのどちらかの歯科治療となります。入れ歯の頻繁な清掃にわずらわしさを感じる方や入れ歯をはずしているところを見られたくないという方はインプラントがお勧めです。

(3) 入れ歯への抵抗感

入れ歯のバネが気になる方や、会話や食事などお口をあけた時に入れ歯のバネが見えてしまうといった審美性を気になさる方はインプラントがお勧めです。 また、入れ歯は、お口の大部分を覆うので、嘔吐反射が強い方は長時間の装着が困難なことがあります。