インプラント歯科治療の勧め

インプラント動画案内
FlashMovie

これまでの歯を失ってしまった場合、「入れ歯」や「ブリッジ」といった手法が多くとられてきました。しかしながら、これらの歯科治療法は、無くなってしまった歯を補完するものでしかなく、天然の歯と違い、固い食べ物が食べられない、発音がおかしい、ガタついてきたりする、健康な歯を傷つけなければならない、といった、様々な問題から敬遠されがちでした。

歯科インプラントの技術は、ここ数年で飛躍的に進歩し、部分欠損から全歯欠損まで幅広く治療が出来るようになり、その安全性も確立されてきました。
こうしたことから、一般の開業医の中でも行う医院も都会部を中心に増え、社会的に認知される治療法になってきました。

この治療法は、失ってしまった自分の歯の替わりに、骨との親和性の良いチタン合金などで作られた安全な人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する「入れ歯」や「ブリッジ」と比較して画期的な歯科治療法です(詳しくは「歯を失った場合の治療法の種類」をご覧ください)。

「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」…すべての歯科治療方法にはそれぞれ一長・一短があります(詳しくは「各治療法の利点・欠点」をご覧ください)。歯科インプラントにもある欠点が非常に重荷である方には、これが一番の歯科治療法とはいえませんが、ただ1つ言えることは、世界的に治療する側も受ける側も、もし歯を失った時の第一選択肢は歯科インプラントである、ということです。それだけもう確立した歯科治療方法なのです。

是非「歯科インプラント」をご検討されてみてはいかがでしょうか?