入れ歯

  1. 歯科インプラントイメージ保険適用材料を使用する場合はその保険点数内。
  2. 使用材料によって、見た目にも良く使い心地の良いものは保険適用外(自由診療)となり高額となる場合もある。

【保険内の入れ歯の場合】

<保険適用の素材>
片側のみの欠損を入れ歯で補う場合でも、安定をよくするために反対側にも留め金が作られます。 反対側へ渡すために針金を使用したり、レジン(プラスチック)の板を使用します。歯と歯肉の部分の素材は、レジン(プラスチック)が主で、口の中に入れたときの異物感が大きいのが短所です。レジンの厚みは2~3ミリほどあります。
<保険適用の症例>
連続する複数の歯を失ってしまい、ブリッジでは強度に問題があるケースは入れ歯を使用します。また、一番奥の歯を失った場合は、隣に土台となる歯がないので1本欠損の場合でも入れ歯になります。
<耐久性>
安定性を第一に考えて作成するので、食事中にガタつくことはありません。しかし、残っている歯にばねをかけたり、口蓋全体を覆うので、異物感が強く、外から見たときに金属のばねが見えることがあります。また、ばねをかけている歯に負担がかかるので、歯が倒れてきたり、歯根が弱くなることがあります。
プラスチックは水を吸う性質があるので、汚れやすい傾向があります。 また、入れ歯が歯肉を圧迫するので、あごの骨がやせることで、やがて入れ歯がガタつくようになります。
入れ歯が合わなくなった場合、作り直しが必要になります。
<費用>
レジン床・数本欠損の場合:約8,000円
レジン床・全歯欠損の場合:約10,000円

【保険外の入れ歯の場合】

床の部分(上あごや舌の裏に掛ける部分)を薄い金属にする場合は、保険適用になりません。保険適用の入れ歯に比べ、異物感が少ないのが特徴です。(床の厚みはレジン床の1/5。)
なお、総入れ歯の場合のみ、金属床の入れ歯に保険が適用されます。 その他、残った歯根を利用したマグネットタイプの入れ歯もあります。
<保険外の症例>
レジン床の入れ歯を使うことで嘔吐感がある方は、金属床にすると軽減されることがあります。(金属床に変えても改善されない人もいます。)
また、より自然な義歯をご希望の場合は保険外の入れ歯になります。
<耐久性>
レジン床に比べ汚れにくく、床も割れにくいです。しかし、入れ歯そのものが比較的丈夫でも、歯肉が圧迫されてあごの骨がやせていくので、次第に入れ歯が合わなくなります。
<費用>
コバルト床・総入れ歯:約18万~30万円
チタン床・総入れ歯:約25万~45万円

差し歯

  1. 保険適用材料(プラスチック)を使用する場合はその点数内。
  2. 使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額となる場合もある。

ブリッジ

  1. 歯科インプラントイメージ保険適用材料を使用する場合はその保険点数内。
  2. 使用材料による保険適用外のものは自由診療となり高額(数十万円)となる場合もある。

【保険適用の場合】

<保険適用となる素材>
保険で定められた金属を上部構造に使用します。現在、保険制度で認められているのは、金銀パラジウム合金とニッケルクロム合金です。また、前歯に限り金属ベースのプラスチック(白い歯)を使うことができます。
<保険適用となる症例>
保険適用の素材を使い、強度やかみ合わせなどを考慮して治療を行います。耐久性に問題がある場合は保険適用外となります。そのため、 基本的に1本欠損した歯を2本で補うケースが保険適用になります。
2本続けて欠損している場合は、ほぼ保険外の診療となります。また、3本続けて欠損している場合は、保険内でブリッジにすることはできません。
<耐久性>
コバルトクロム、いわゆる銀歯は金属の強度に不安が残ります。また、金属の腐食(サビ)が生じるので、虫歯や歯周病の原因となることがあります。
<費用>
前歯のブリッジ(保険適用):約20,000円
奥歯のブリッジ(保険適用):約8,000円

【保険適用外の場合】

<保険外の素材>
金やメタルボンド(白い歯)を使用したブリッジは保険外となります。金属アレルギーの方は、保険の金属では金冠を使います。また、保険適用の金属に比べ、天然歯の硬さに近いのが特徴です。メタルボンドは金属の上にセラミックを焼き付けたもので、レジンの歯より自然に近い義歯になります。
<保険外の症例>
厚生労働省により保険適用のブリッジの設計が決まっています。それ以外の場合は自費治療となります。
<耐久性>
歯の位置や強度が原因で保険適用外になった場合は、耐久性がやや劣ります。ブリッジにする時に細く削った土台の歯が欠けてしまったり、根元が弱ってしまうことがあります。
<費用>
金属の場合(1本欠損):約15万~30万円
メタルボンドの場合(1本欠損):約25万円~40万円
ブリッジの一部を保険適用の金属にし、残りを保険外の金属にする場合は、すべて保険外の診療になります。

インプラント

  1. 歯科インプラントイメージ歯科インプラントは、保険適用外であるので、自由診療となります。
  2. 歯科インプラント治療本数、部位、手術の難易度等により必要な費用が算定されます。
  3. 歯科インプラントの費用は、見た目の良い入れ歯やブリッジと同じ程度です。

医療費控除について

歯科インプラントにかかわらず、入れ歯やブリッジも含めて、治療にかかった費用は、医療費控除の対象となります。

医療費控除は、納税義務者本人または本人と生計を一にする親族が一年間に支払った医療費が基準額を超えた場合に対象となり、確定申告のときに申請すると、所得総額と治療費に応じて所得税が一部戻ってきます。

支払った医療費の総額 - 保険金等で補てんされた金額-(10万円または所得金額の5%のいずれか少ない金額) = 医療費控除額(上限200万円)