インプラント

歯科インプラントイメージ【メリット】

  1. 歯の根(インプラント)があるので、非常に自然の歯に近く、噛む力は天然歯の約80%回復することが出来ます。したがって、固いものを噛むことが出来るようになり、自然の歯に近い機能が期待できます。 また、失った歯の数が多い場合にも咀嚼能力を回復できます。
  2. 天然歯のように顎の骨に固定するので、自分の歯と同じような感覚で良く噛むことが出来、ふだん、口の中の事を忘れてしまう程、違和感がありません。また、この「良く噛む」ということで、食べ物の味や感触が良くわかるようになるのと同時に、消化を助け、全身的な健康にも良い影響を与えます。
  3. 虫歯には絶対になりません。
  4. 日々のお手入れが簡単です。(通常のハミガキと同様に磨けばok)
  5. 適切にお手入れをすることによって、他の方法と比較して最も長持ちし、一生ものと考えられる歯科治療法といわれております。
  6. 正しい治療をすれば、成功率が高い。 
    (→インプラントの成功判断基準)
  7. 信頼できるインプラントは、長期間の調査で、安全性が確認されています。 
    (→インプラントの安全性)
  8. 優れたインプラントは、もし失敗したとしても、適切に処理すればもう一度同じ場所に埋めることが可能です。また、抜け落ちてもやりなおしができます。
  9. 従来のブリッジと違い、周りの歯を傷つけません。
  10. 天然の歯との区別が難しいほど自然な仕上がりであり、美容にも効果的です。
    (→インプラントと審美歯科)
  11. インプラントがあごの骨に力を加えることによって、あごの骨が痩せるのを防ぎ、噛み合わせの長期安定を保つことができます。
  12. 1歯欠損から全歯欠損まで対応可能です。
  13. 従来の入れ歯やブリッジと違い、回りの歯に食べかす等が付着しにくいため、従来の入れ歯やブリッジと比較して、回りの歯が虫歯になりにくいものとなっています。
  14. 入れ歯やブリッジと違い、口の中に不快感が残ったりしないため、話がしにくいこともありません。

【デメリット】

  1. インプラントを顎の骨に埋め込む手術(歯をぬくのと同程度の手術)が必要で、手術に対して恐いというイメージがあること。(→インプラント歯科治療の痛みと手術)
  2. 重症な全身の疾患(心臓病や強度の糖尿病等)がある場合や、妊娠中の方には治療できない場合があります。また、年齢的に顎の骨が完成する20歳未満であったり、お口の衛生状態の悪い方は手術が出来ない場合があったり、骨の量や密度が十分でない方は別途外科的な処置が必要な場合があります。
    (→骨料不足等の際の補助治療)
  3. 歯科医師の総合力と正しい治療技術が必要とされます。
  4. 正しい治療には、非常に手間がかかります。
  5. インプラントは異物なので、もし万が一、異常が出れば早めにとらなければなりません。ただし、正しい治療を受ければその確率は非常に小さいものです。
  6. 自然の歯と同じく、歯周病には弱いので、長持ちさせるためには、十分な口腔衛生の管理と、定期検査が必要になのます。したがって、ブラッシングがうまくできない方にはお薦めできません。
    (→治療後のメンテナンスの重要性について)
  7. 歯を失ってから長い時間が経過すると、骨がやせ過ぎて、できなくなってしまう事があります。
    (→骨料不足等の際の補助治療)
  8. 歯科インプラントは歯触りがにぶいです。
  9. 上顎で7~8ヶ月、下顎で4~5ヶ月という比較的長期間の歯科治療期間が必要となります。ただし、治療期間中は仮歯を使用することが出来ます。
    (→治療期間中の仮歯について)
  10. 現在のところ保険制度がありません。したがって、自由診療となる分、比較的費用がかかります。
    (→治療費の医療費控除について
  11. インプラントを行っている医院がまだ少ない。
  12. 患者さんにとって充分な情報が少ないこと。