ブリッジ

【メリット】

  1. 自分では外せない固定式なので、入れ歯のように動いたりせず、装着感が無いため違和感があまりありません。
  2. 入れ歯より良く噛めます。
  3. 見た目にもきれいです。
  4. 費用をかけて人工の歯の材料を選択することにより天然の歯と遜色のない審美的な修復が可能となります。
  5. 歯列の安定したつながりを回復することができ、自分の歯と同じように咀嚼することができるようになり、噛み合わせを回復することができます。
  6. 人工歯の素材によっては保険適用内で治療できます。
 

【デメリット】

  1. ブリッジの最大の短所(デメリット)は、ブリッジ(連結した人工歯)を支え、固定するために、たとえ健康な場合でも両隣の歯を大量に削る必要があることです。健康な歯を削ることは、歯を長く健康に機能させるという点において、非常に大きなデメリットとなります。
  2. ブリッジを支え、固定するために削った両端の歯が、削ることによって弱り、その歯を喪失する危険が増します。また、支えになる歯は、歯根の数が通常より少ないので大きな力がかかり、また、清掃性も悪くなるので、そういったことからも、その歯を喪失する危険性が増します。
  3. 途中で歯科インプラント等の他の治療方法に変えたとしても、一旦削ってしまった健康な歯は元に戻りません。
  4. 土台となるしっかりとした歯が両側にないと作製できないため、失った歯の数が多かったり、最奥歯を失ったような場合はブリッジが出来ません。
  5. ポンティック(ブリッジの橋の部分)の下部の歯肉との間に、食べ物カスがたまり、口の中が不衛生になりやすい。
  6. 欠損部の歯肉がやせると、ブリッジとの間に隙間ができ、空気がもれて発音に問題のある場合があります。
  7. 歯の抜けた部分の骨が次第にやせていく場合があります。この結果、歯並びが悪くなることがあります。
  8. 元の天然と歯と遜色の無いようなセラミックを使った審美的なブリッジにすると保険適用外になり、費用が多くかかります。
  9. 歯科インプラントより長持ちしません。(平均7~8年)
  10. 保険内での治療の場合、歯の土台となる金属が唾液によって溶け出し、歯肉が色素沈着を起こすことがあります。