入れ歯

入れ歯は、まず、一部の歯が抜けた場合と全部の歯が抜けた場合に分かれます。
前者の場合は、取りはずしの入れ歯を作り、バーを左右に渡して固定します。さらに止め金で固定します。
後者の場合は、全部に床のついた入れ歯を装着します。顎の骨が退縮すると入れ歯が不安定になりやすくなります。

差し歯

差し歯というのは、歯根を利用して行うものですので、歯根が残っていない場合は、(隣接する他の歯を犠牲にしないと)出来ません。

ブリッジ

ブリッジは、隣の健康な歯を削り、両隣の歯に架ける形になります。ちょうど、橋のようなので、「ブリッジ」と呼びます。健康な歯を削る、ということが一番の問題点です。また、土台となる両隣の歯が必要ですので、奥歯の端にはブリッジ出来ません。

インプラント

歯科インプラントイメージ歯科インプラントというのは、歯根から作る治療です。

歯を失った場合で、それが歯根ごと失ったのであれば、歯根から治療する唯一の方法となります。

歯科インプラントは、まず人工的な根(インプラント)を歯槽骨の中に埋め込み、その上に上部構造(歯冠)をかぶせる、といった治療方法になります。歯科インプラントは天然の歯に近く、日々の歯磨きを通常よりていねいにするだけで、自然の歯と同じように使え、”第二の永久歯”と呼ばれています

歯牙自己移植

歯牙自己移植は、非常に限定された状況でしか出来ない治療法ですが、ご自身の歯を、すでに歯を喪失した欠損部位や修復上必要とされる部位に移植利用する口腔外科的手技です。最近ではいろいろな応用もなされ歯科インプラントとともに歯科再建修復治療で重要な役割をになってまいりました。

移植の対象歯は、基本的に不要な智歯(親不知)や歯列から横にはみ出し抜歯の必要性もある臼歯を利用する場合がほとんどです。移植歯の根の形態が好い事、移植する受け皿側の骨の量や質が良い事などの条件が揃わないとうまくいきませんが、これらの条件をクリアし適切な歯牙自己移植処置が施された場合、移植された歯牙の長期の再利用が可能となります。ただし、移植に使う親不知はあるものの、親不知などは未熟なことが多く、他の歯に比べ弱いことが多いといったことで、出来ない場合もあります。

※歯牙他家移植といった方法(他人の歯を移植する)もありますが、拒絶反応を起こすという問題点もあります。これを乗り越えるため、歯牙保存液に歯を保存し、6カ月以上冷凍します。これで、拒絶反応を起こす物質は破壊されます。